半年ほど前に六本木のストリートでナンパした20歳の子とアポることになった。

そのときは、深夜1時頃に連れ出して3軒ハシゴしたあげく、ベロチューとパイ揉みまでしかできずに放流した。

 

その後、たまにLINEのやり取りは続けていたが、タイミングが合わず、アポっていなかった。

 

LINEのやり取りでまあまあな食いつきは感じていたので、直家(※)打診しようと思っていた。

※直接、家に連れ込むこと。

 

女のデータは以下の通り。

  • 身長165cmくらい
  • 細めでスタイルが良い
  • 美脚
  • 彼氏なし
  • 乳なし
  • 顔はまあまあ
  • 昼と夜のバイト掛け持ち
  • 酒好き

 

20時に渋谷で待ち合わせすることになった。

六本木でナンパしたときは、いかにも「六本木っぽい」格好をしていたのだが、

ミニスカ美脚

今回はOLのような落ち着いた格好で現れた。

 

ちなみに、俺の顔は覚えていなかったらしいw

 

 

少し会話してから道玄坂方面に向かった。

 

まずは手つなぎを試してみた。

 

「えっ?」という反応をされたが「渋谷は人が多くて迷子になるから!」と言って無理やり手をつないだ。

このまま20メートルほど歩いたが、

「この辺まで来ればもう迷子にならないですから」

と言われ、手を振り払われた。

 

ハンドテスト(※)失敗だ。

※手つなぎをグダられるかどうかで女の食いつき具合を確かめること。

 

直家打診はやめておこう。

 

道玄坂を登ったところにある雰囲気の良いカフェバーに入ることにした。

いつ来てもこの店は席が空いているから便利だ。

横並びのソファー席に座った。

 

女もこの店を気に入ったようだ。

 

しかし、いきなり「明日、早いんで今日はあんまり飲めないんすよ〜」と言ってきた。

俺を警戒して予防線を張ってきたのか、ガチなのか、よく分からない。

 

最初、女の方からはあまり話を振ってこなかったが、恋愛トークや仕事の愚痴を聞いたりしていると徐々に心を開いてきたようだ。

俺への質問も増えてきた。

 

メニューを見て、お互いの酒を選びながら盛り上がった。

最初、「今日はあまり飲めない」と言ってたくせに女は普通に酒をおかわりしていた。

「これ飲んでくださいよ〜」と、強めの酒(バーボン)を俺に勧めてきたりして、いい感じの雰囲気になってきた。

 

結局、酒を3杯も飲んでしまった。

嫌な予感がしたが、このときはあまり気にしなかった。

 

手や肩のマッサージしたりして、ボディタッチにも抵抗がなくなってきた。

腰に手を回すとこっちに体を預けてきた。

 

これは確実にいけそうだ。

 

気づいたら店に入ってから2時間近く経っていたので、会計をして店を出た。

 

店を出てすぐに手をつないだ。

今度はグダられなかった。

 

すかさず家打診。

俺「ウーロン茶でも飲もっか?」

女「いいですねー」

俺「俺の超個人的なカフェがあるから、そこに行こう。」

女「えっ、なんですかそれ?笑」

俺「自宅兼カフェ的な感じだね。」

 

家打診は成功した。

 

テンションが下がらないようにトークで盛り上げながら自宅に向かった。

 

自販機でウーロン茶を買って部屋に入った。

 

ソファーに座ってすぐにベロチューしてギラつく。

グダはない。

そのままベッドインして服を脱がした。

 

だが、俺のチ○コの様子がおかしい。

 

勃たない。

 

俺「ちょ、、ちょっと触ってくんない?」

 

触ってもらったら勃ったが、すぐに縮んだ。

いくら頑張っても挿入できない。

 

バーボンとか飲むんじゃなかった。

 

俺「ちょっと今日は元気がないみたいだ。」

女「頑張って。」

俺「おっさんだからこういう時もある。」

女「えー、もう少し頑張ってくださいよー。」

俺「いやいや、お前が強い酒飲ませるのが悪い。」

 

勃たない責任は女になすりつけた。

 

一応、もう少し頑張ったがやっぱり勃たない。

気まずい空気が流れる。

なんとかしなければ。

 

しゃおろんさんの「イッた振り」にならい、「挿れた振り」を試すことにした。

バックから手マンして、挿れた振りしてみた。

なんか、喘ぎ声が大きくなってる。

挿れた振り成功か?

 

いや、やっぱりバレてた。

当たり前だ。

 

しょうがなく「疲れたからちょっと休もう」と、休戦を申し出た。

 

少し休憩してから一緒にコンビニに買い出しに行くことになった。

 

女は化粧道具を買っていた。

俺はドリンクタイプのマカをすかさず購入し、「これで頑張るから!」と女にアピール。

部屋に戻り、購入したマカを飲んだ。

さらに、普段服用している粒タイプのマカも隠れて飲んだ。(3粒)

 

シャワーを浴びてから2回戦目を開始。

 

今度は勃った。

 

なんとか準即。

 

「頑張ったね」と、女から褒められた。

 

やっぱり20歳の子の肌は良かった。

それに美脚だったのでまあまあ満足。

 

さらに、しみけんの必殺技「しみクンニ」をぶっ込んでみた。

 

女は昇天し、満足したようだ。

 

 

自宅に泊めてあげて、翌朝放流した。

 

最近、体の衰えを感じる。

 

※この子をナンパしたときの実録音声・書きおこし・解説はこちら↓から入手できます。

購入者特典(ナンパ音声解説・レポート)

 


【無料】ナンパ音声・解説

ナンパ初心者向けの7日間の無料メール講座をやっています。私のナンパ音声や解説も無料でプレゼントしています。

【ナンパ音声の内容】

  • 美脚の美人女子大生とのデート
  • 歌手志望の専門学校生をおしゃれカフェに連れ出し
  • スタイル抜群の美人モデルを一瞬でカフェ連れ出し
  • 超美人な美容部員を笑わせまくる
  • 商社勤務の美人OLをスタバに連れ出し
  • 表参道のOLからLINEゲット

など

文章では伝えることができないリアルなナンパ音声女性心理を巧みに利用したテクニック、恋愛初心者が好みの美女とイヤらしい行為をするために必要な知識を手に入れることができます。

本気でナンパを上達させたい方はもちろん、実際のナンパ音声を聴いてみたいという方はこちらをご覧ください。

>>リアルなナンパ音声を無料で入手する

表参道ストリートナンパ音声