3月某日。

渋谷にてストリートナンパ。

ここ最近日本であまりナンパしていなかったが、久々にがっつりやることにした。

途中、ガーデンさんやレイさんとも合流した。

 

そんな中、駅の近くで待ち合わせ中のスタイルの良い子を発見したのですかさず声かけ。

顔はまあまあかわいい。

俺「こんばんは!こんばんは!一瞬だけいいっすか?!」

女「・・・」

俺「出会い系っすか?!」

女「・・・」

俺「俺は出会い系なんすけど」

女「・・・(怪訝そうな顔でこっちを見る)」

俺「それはウソですけど」

女「笑」

俺「なんか待ってるんすか?」

女「今、待ち合わせしてるんで」

ようやくオープンした。

 

俺「マジっすか?!何人くらい来るんすか?100人くらい?」

女「そんな来ない笑」

俺「あ、そうなんすか。それ相手は俺じゃないよね?」

女「違う笑」

俺「あ、違うんだ笑 今日はデート的な?」

女「はい笑」

俺「それはウソでしょ笑 今、ちょっと見栄張ったよね?笑」

女「うふふ笑」

少しずつ笑いが出てきた。

 

3分ほどトークしてLINE打診。

俺「そろそろ友達来る?じゃ急いでLINE交換しないとマズいじゃん、さすがに。」

女「いや笑 またこの辺で会ったときに笑」

俺「いやいやいや、もう会わないから。」(グダられても強気な態度で接します。)

女「笑」

俺「じゃあ、QRコードかIDかどっちがいい?」(LINE交換するかどうかではなく、QRコードかIDか、のように論点をすり替えるテクニックはナンパにおいて非常に使えます。)

この後も笑わせながらしばらく粘ってようやくLINEゲット。

その場でスタンプのやり取りをした。

LINEのやり取り①

 

LINEゲットしたものの、かなり警戒されているようで、あまり女から話してこない。

このままだと死番になりそうなので、さらに10分ほどトークしてようやく和んできたところで放流。

 

翌日、LINEしてみると反応は悪くない。

LINEやり取り②

LINEのやり取り③

LINEのやり取りをするのがめんどくさくなったので電話することにした。

 

電話にて、

「LINE交換したからにはさすがに1杯くらい飲みに行かないとマズいよね」

「仕事で疲れてそうだから、しゃーなしで1杯だけ付き合うから悩みを相談してもいいよ。どうせ聞き流すけど。」

「どうせ暇でしょ?俺はもっと暇だから飲み行くしかなくね?」

などと、適当に笑わせながらアポを取り付けることに成功。

2日後に台湾遠征を控えていたので、翌日を指定してアポることになった。

 

翌日の21時、ナンパしたときと同じ場所で待ち合わせ。

時間通りに女はやってきた。

少し話ししてから、たまに使う道玄坂のバーに向かった。

(参考:ナンパで使えるオススメのお店(カフェ・居酒屋・バー)を50軒くらいまとめて紹介! ~(主に)渋谷いい店やれる店~

バーのカウンター席に横並びに座り、酒を飲み始めた。

この女のデータは以下の通り。

  • スタイル良い
  • 美脚
  • 肌きれい
  • おっぱい小さめ
  • 身長165センチ
  • 23歳
  • 美容部員
  • 彼氏なし
  • お酒は好き

それにしてもこの女、質問したら話はしてくれるが、こちらへの質問はあまりない。

だが、恋愛トークなどをして1時間ほど話していると、少しずつ食いつきが感じられるようになってきた。

最初、彼氏がいると言っていたが、本当はいないと言ってきたり(実際のところは不明)、名前や仕事などの質問もしてきた。

また、美容部員ということもあって、肌の手入れには気を遣っていて自信があるらしく、腕を触らせてきたりした。

ボディタッチにも抵抗はない。

これはもうイケそうだ。

店に入ってから2時間ほどでお会計した。

外に出てから手つなぎは成功。

だが、電車で帰ると言い出した。

「いやいや、最後にオレンジジュース飲みたいっしょ!」

などと粘ったが、やっぱり帰るとのこと。

もうすぐ終電の時間らしい。

しょうがないので、駅の方向に向かうことにした。

駅に着き、「終電間に合いそう?」と聞いてみると、もう終電は終わっていた。

すると、さっきまで「終電やばい」と言っていたくせに、「もう終電なくなっちゃったよー笑」とむしろ嬉しそうにしているw

「終電で帰る」と言っていたのは、軽い女だと思われないための演技だった可能性が高い。

その後、タクシーに乗り、すんなりと自宅に連れ込んだ。

 

部屋に入ってすぐにベロチュー。

グダはない。

そのままギラついてベッドにIN。

俺のチ○コもIN。

準即。

「気持ちいい」とずっと喘いでいたw

めちゃくちゃ肌がキレイで、いいケツしてたので満足。

しばらくして2回戦をしてしまった。。

 

さすがに疲れ果て、シャワーを浴びてから寝ることにした。

ベッドに戻ると女は裸で寝ていた。

(それにしても肌キレイだし、いいケツしてんなー)と思いながら、こっそりとケツを揉んでみた。

女は気づいていないようだ。

調子に乗ってチ○コをケツにこすりつけてみた。

俺のチ○コは完全にザオリク。

すると、女は実は起きていたようで、女からケツをこすりつけてきて、挿入されてしまったw

うおっ!

その後の女の乱れっぷりがハンパなかったw

3回戦を終了し、深い眠りについた。

美脚の美容部員

 

女の欲情に火をつけるととんでもないことになる、ということを再確認した日だった。

 

女にたっぷりと搾り取られた翌朝、心地よい疲労を感じながら二度目の台湾遠征のため空港に向かった。

 

※この子をナンパしたときの実録音声・書きおこし・解説はこちら↓から入手できます。

購入者特典(ナンパ音声解説・レポート)

 

 


【無料】ナンパ音声・解説

ナンパ初心者向けの7日間の無料メール講座をやっています。私のナンパ音声や解説も無料でプレゼントしています。

【ナンパ音声の内容】

  • 美脚の美人女子大生とのデート
  • 歌手志望の専門学校生をおしゃれカフェに連れ出し
  • スタイル抜群の美人モデルを一瞬でカフェ連れ出し
  • 超美人な美容部員を笑わせまくる
  • 商社勤務の美人OLをスタバに連れ出し
  • 表参道のOLからLINEゲット

など

文章では伝えることができないリアルなナンパ音声女性心理を巧みに利用したテクニック、恋愛初心者が好みの美女とイヤらしい行為をするために必要な知識を手に入れることができます。

本気でナンパを上達させたい方はもちろん、実際のナンパ音声を聴いてみたいという方はこちらをご覧ください。

>>リアルなナンパ音声を無料で入手する

表参道ストリートナンパ音声