私は普段はストリートナンパがメインなのですが、毎週のようにクラブナンパをしていた時期もありますし、現在でもたまにクラブナンパをします。

この記事ではクラブナンパの基礎知識、東京のオススメのクラブ情報についてご紹介しようと思います。

これからクラブナンパを始めようと思っている読者の皆様のお役に立てればと思います。

クラブにいる美女

 

1.クラブナンパのメリット・デメリット

まずはストリートナンパとクラブナンパの違いについて、クラブナンパのメリット・デメリットを踏まえて説明していきます。

 

■メリット

  • その日の天候(雨の日、暑い日、寒い日など)に関係なくナンパできる

これからストリートナンパが辛くなってくる季節ですのでナンパ師にとってはクラブがありがたく感じます。

 

  • 出会いを求めている女性が多い

ストリートナンパの場合、まったく出会いを求めていない子に当たることも結構あります。

しかし、クラブ(特にナンパ箱と言われるクラブ)に来ている子は出会いを求めている可能性が高いです。

もちろん、女の子は「出会いを求めてクラブに来た」なんて言いませんし、「出会いを求めて来たの?」なんて女の子に聞くのはNGです。

女の子はチャラいと思われることを嫌います。

「音楽を聴きに来た」とか「踊りに来た」と女の子が言ってきても特にツッコまないようにしましょう。

本当にそういう目的で来ている子もいますが、基本的にはクラブに来ている子は出会いを期待しています。

 

  • お酒が入っているのでノリが良い

ストリートとは違ってガンシカされる可能性は低いです。

声をかけたら話くらいは大抵してくれます。

ただし、こちらもテンション高めで話しかけないとつまらないヤツと思われてしまいます。

相手の女の子やクラブの雰囲気に合わせて声をかけることが重要です。

 

  • クラブの雰囲気(大音量の音楽、薄暗い照明)のおかげで距離が縮まりやすい

クラブでは大音量で音楽が流れているので必然的に話すときの距離が近くなります。

耳元で話さないと聞こえない場合もあります。

また、クラブ内は薄暗いのでエロい空気に持っていきやすいです。

 

■デメリット

  • お金がかかる

週末だと入場料が3,000〜3,500円くらいかかります。

さらに酒代もかかります。

女の子にお酒を奢るのは必要最低限にしましょう。

 

  • 深夜なので眠い、翌日の活動に支障が出る

私が最近クラブに行かなくなった理由の1つですが、若い人は気合いで乗り切れるでしょう笑

 

  • ライバルが多い

ストリートナンパは一般の人にとって敷居が高いですが、クラブでは普通のサラリーマンや大学生もナンパしています。

タイミングによってはクラブに入ったら男祭りだった、ということもよくありますw

 

  • 音がうるさくて会話がしづらい

特にダンスフロアなどは爆音で音楽が流れているので、まったりと会話するなんてことはできません。

ノリと勢いが重要になります。

ただし、クラブ内でも隅っこの方とかトイレ前とか、比較的静かな場所もありますので、そこで和みトークをすることもできます。

 

  • 靴を踏まれて汚れる

クラブには白い靴や新品の靴を履いて行かないほうが良いです。

 

2.東京のナンパ箱一覧

都内のナンパ箱と呼ばれている有名なクラブをエリア別にまとめてご紹介します。

 

①六本木のクラブ

V2 TOKYO(旧VANITY)

V2 Tokyo

ロアビルの13階にあります。

■特徴

VANITYの頃と比べるとかわいい子は減った印象ですが、それでもまだ六本木のクラブの中で一番かわいい子が多い気がします。

そして、ここは都内屈指のナンパ箱でもあり、全体的にチャラいですw

いたるところでナンパが盛んに行われています。

  • 入場する際に、『ダンスは踊りません』という誓約書?のような紙に署名させられるw
  • ダンスフロアが小さく、VIP席が多い(かわいい子達と話している途中でその子達がスタッフにVIP席に連れて行かれる、ということがたまにあります。。)
  • VIP以外の男性は座れるシートがないので休憩できない
  • 1フロア構成で中規模
  • クラブ内の男女比を調整しているらしく、クラブ内が男だらけになっているのは見たことがない
  • しかし、このためもあってか金曜・土曜の深夜になるとクラブ前に長い行列ができて待たされる(特に男性)
  • 男一人では入場できないので注意。必ず誰かと一緒に行く必要がある。

→待たずに入るには24時前か3時過ぎに入るのが良いでしょう。1時頃に入ろうとすると、1時間待ちとかザラにあります。

 

■料金

  • 月曜〜水曜(22:00〜05:00) 男性:2,000円/1ドリンク 女性:無料
  • 木曜(22:00〜05:00) 男性:3,000円/2ドリンク 女性:無料
  • 金曜・土曜・祝前日(22:00〜05:00) 男性:3,500円/2ドリンク 女性:無料

 

ウェブサイト:V2 TOKYO

 

ColoR

color外観

color

六本木駅から麻布十番方面に5分ほど歩いたところにあります。(TSUTAYAの向かいのビルです)

週末の深夜に芋洗い坂から麻布十番方面に歩いていく派手な2人組の女を見かけたらColoRに行くと思って間違いないでしょうw

 

■特徴

  • V2と比べると、男女ともにおとなしめでナンパしやすい
  • 女のレベルはまあまあ
  • 1フロア構成で中規模

 

■料金

  • 月曜(22:00〜05:00) 男性:2,000円/1ドリンク 女性:1,000円
  • 火曜・木曜・日曜(22:00〜05:00) 男性:2,000円/1ドリンク 女性:1,000円
  • 水曜(22:00〜05:00) 男性:2,000円/2ドリンク 女性:1,000円
  • 金曜・土曜・祝前日(22:00〜05:00) 男性:4,000円/2ドリンク 女性:1,000円

※各曜日とも23時までに入店した場合は、男性:1,000円 女性:無料

ウェブサイト:ColoR

 

六本木ColoRは2016年12月末で閉店します。

 

SIX TOKYO

Six Tokyo

 

ロアビルの2階にあるので、V2 TOKYOとはしごする女を良く見かけますw

■特徴

  • 音がでかめなのであまりトークできない
  • かわいい子はまあまあいる
  • 中規模

正直、ここでナンパで上手く行ったことはほとんどありませんw

音楽やダンスを楽しみにいくには良いと思いますが、個人的にはナンパしづらいと思ってます。

 

ウェブサイト:SIX TOKYO

 

MUSE

muse西麻布

西麻布交差点にあります。

六本木駅から行く場合は、駅から渋谷方面に10分ほど歩く必要があります。

■特徴

  • 若干年齢層高め(20代中盤〜30代前半が中心)
  • 女の平均的なレベルはあまり高くない
  • かなり広くて迷路のように複雑
  • 地下1階と地下2階がある
  • 割と静かなエリアもあり、トークしやすい
  • クラブ営業は週末のみ。平日はバー営業
  • ドレスコードが割と厳しく、カジュアルな格好で行くと入場拒否されることもあるので注意
  • 年齢確認のための証明書(免許証など)以外に、身元確認のために名刺も必要
  • 男一人では入場できないので注意。必ず誰かと一緒に行く必要がある。

 

■料金

  • 金曜・土曜・祝前日 男性:3,500円/2ドリンク 女性:無料

 

ウェブサイト:MUSE

 

②渋谷のクラブ

T2 SHIBUYA

T2 Shibuya

ちとせ会館の地下1階にあります。

2014年2月にオープンしたばかりです。

■特徴

  • 1フロアしかないが、かなり広め。
  • 若くてかわいい子が多い
  • オープンからしばらくは割と空いていましたが、最近では週末ともなると満員電車のように混む。(個人的には平日に行くのがおすすめです。)

 

■料金

月曜〜木曜、日曜:
22:00~24:00 男性:1,000円  女性1,000円/2ドリンク
24:00~ 男性:2500円/2ドリンク   女性1,500円/2ドリンク

金曜・土曜・祝前日 :
22:00~24:00 男性:2,500円/1ドリンク 女性1,000円/2ドリンク
24:00~ 男性3,500円/1ドリンク 女性2,500円/2ドリンク

 

■フロアマップ

T2フロアマップ

 

ウェブサイト:T2 SHIBUYA

 

 

camerot(キャメロット)

camerot(キャメロット)

クラブ街からは少し離れた神南エリアにあります。

 

■特徴

  • 女子大生が多いイメージ
  • かわいい子も多い。
  • 3フロア構成で大規模(地下1階と地下2階)
  • 平日は地下2階のみ営業
  • T2がオープンしてから客が少し減った気もする(個人的な印象)

 

ウェブサイト:camelot

 

ATOM TOKYO

Atom Tokyo

ラブホテル街(クラブ街)のど真ん中にあります。

■特徴

  • ギャルとギャル男の多いイメージ
  • 全体的に若い。
  • 3フロア構成で大規模

 

■料金

オープン~24:00 男性:1,000円  女性1,000円/2ドリンク
24:00~ 男性:3,500円/1ドリンク   女性1,500円/1ドリンク

 

ウェブサイト:ATOM TOKYO

 

③銀座のクラブ

銀座のクラブは大抵1時頃にクローズします。

盛り上がりのピークも23時〜24時頃なのでクラブで遊んでも終電で帰る、ということも可能なのがメリットです。

また、渋谷・六本木のクラブと比べて年齢層が高いのが特徴です。

GENIUS TOKYO

genius tokyo

■特徴

  • 大規模
  • 男性は23歳以上しか入れない
  • 男性はスーツがほとんど
  • 入場料が高め

 

■料金

火曜〜木曜:19:00〜24:00 男性:3,000円/6Tickets 女性:1,000円/飲み放題

金曜:19:00〜2:00頃 男性:5,000円/8Tickets 女性:2,000円/6Tickets

土曜:19:00〜2:00頃 男性:4,000円/6Tickets 女性:2,000円/4Tickets

※2Ticketsで1ドリンクと思ってくれれば良いです。

 

ウェブサイト:GENIUS TOKYO

 

DIANA

diana銀座

GENIUSと大体似たようなクラブと思ってもらえば良いかと思います。

ウェブサイト:DIANA

 

※記載している料金はイベント等により変更される場合があります。

 

3.最後に

クラブナンパはそこそこかわいい子をゲットするにはストリートナンパよりも簡単かもしれません。

ストリートナンパに比べて、女の子の反応が良く、ナンパしやすいからです。

ただし、ハイレベルな美女となるとクラブではあまり見かけない気がします。

いたとしてもすぐにVIP席に連れて行かれる、ということがよくあります。

しかし、私はクラブの雰囲気が好きですし、お酒も好きなのでクラブナンパはこれからも続けていくでしょう。

 

そして、私の経験上、クラブナンパで成功するためのコツは楽しみながらナンパする、ということだと思います。

クラブを楽しんでいないとナンパも成功しません。

 

↓岡田尚也によるクラブナンパ攻略法です。

 


【期間限定 無料】ナンパ音声・解説

受講者2000人突破!

『ナンパ初心者用プログラム7DAYS』

ナンパ初心者向けの7日間の無料メール講座をやっています。

私のナンパ音声や解説も現在無料でプレゼントしています。

【ナンパ音声の内容】

  • 美脚の美人女子大生とのデート
  • 歌手志望の美女をおしゃれカフェに連れ出し
  • スタイル抜群の美人モデルと出会って1分でカフェ連れ出し
  • 超美人な美容部員を笑わせまくる
  • 商社勤務の美人OLをスタバに連れ出し
  • ミニスカの美人女子大生をカフェに連れ出し
  • 表参道のOLからLINEゲット

など

文章では伝えることができないリアルなナンパ音声女性心理を巧みに利用したテクニック、恋愛初心者が好みの美女とイヤらしい行為をするために必要な知識を手に入れることができます。

本気でナンパを上達させたい方はもちろん、実際のナンパ音声を聴いてみたいという方はこちらをご覧ください。

>>リアルなナンパ音声を無料で入手する

 

メルマガ登録(ナンパ音声)
ナンパ音声を入手