サブタイトルは記事の内容とまったく関係ないですw

 

最近、ナンパのモチベーションが上がらなかったので札幌へのナンパ旅に出ることにした。

札幌に行くのは初めてだ。

普段からよく合流しているナンパ師2人と一緒に行くことにした。

札幌

札幌の位置

 

↓札幌(すすきの)の風景

 

Wikipediaによると、札幌市は男女比が9対10らしい。

これはすごい。

ありとあらゆるエロい妄想をしながら機内に乗り込んだ。

 

1日目(金曜日)

夕方に新千歳空港に到着。

札幌市内のホテルにチェックインしたあと、仲間のナンパ師2人と合流した。

地下鉄の大通駅付近に移動。

大通駅

かわいい子はまあまあいる。

ウォーミングアップがてら2、3人に声をかけてみると、驚くほど反応がよい。

だが、話はしてくれるが連れ出し、LINE交換となると頑なにグダられる。

そういえば福岡にナンパ旅したときもそんな感じだった。

 

せっかく札幌に来たので仲間と3人で海の幸を楽しむことにした。

すすきのに移動し、とある海鮮居酒屋に入った。

すすきの

飯がめちゃくちゃ美味かった。

調子に乗ってビールを3杯ほど飲んだら眠くなってきた。

21時半頃に街に出てナンパを再開。

札幌駅からすすきの駅まで続いている地下道を中心に声をかけた。

反応は良いが、なかなか連れ出せない。

しばらくすると、移動の疲れと酒を飲んだことにより眠くなってきた。

まだ3日間残っているのでこの日は早めに切り上げることにした。

22時半頃にホテルに戻り、就寝。

 

<結果>

10声かけ

坊主

 

ちなみに一緒に行った仲間のナンパ師の1人は即っていたようだ。

 

2日目(土曜日)

ホテルで朝食をとり、10時頃から街をぶらついた。

札幌ストリート

土曜日と言えどさすがにこの時間はあまりかわいい子が歩いていない。

カフェでしばらく休憩。

 

12時頃に仲間とラーメンを食べにいくことにした。

カラオケ屋のキャッチにオススメのラーメン屋を聞いてみた。

すると、「炎神っていうラーメン屋がめちゃめちゃ美味い!」とゴリ押しされたので行ってみることに。

たしかにめちゃくちゃ美味かった。カラオケ屋のキャッチに感謝。

ラーメン

 

地下道に移動し、ナンパを再開。

 

背高めでスタイルの良い子を発見したので声かけ。

顔はまあまあ。

10分ほど平行トーク。

20歳とのこと。

連れ出しを打診したが、これからネイルサロンに行くとのことで失敗。

「じゃあとでタイミング合えば飯でも食おう」ということでLINEゲットして放流。

 

学生兼モデル

学生兼モデル

スタイルの良い子を発見したので後ろから追いかけて声かけ。

やはり反応は良い。

だが、これから友達と待ち合わせをしているとのこと。

「じゃそれまでの間オレンジジュースでも飲もう!」と連れ出し打診。

「え〜、ほんとですか〜?」とまんざらでもない様子。

近くにあったファーストフード店に入った。

今回はすんなり連れ出すことができた。

女のデータは以下の通り。

  • 大学4年生
  • 4月から東京に就職する
  • モデルの仕事で月1回くらい東京に来ている
  • 顔とスタイルは良い
  • 身長160前半
  • 彼氏の束縛がキツいから別れたい

トークは結構盛り上がった。

こちらへの質問も増えてきて食いつきを感じた。

最初、既に友達との待ち合わせ時間に遅れていると言っていたが時間を気にする気配がまったくない。

待ち合わせはと言っていたのはウソだったのかもしれない。

だが、このときはそこまで頭が回らず、30分ほどで店を出てLINEゲットして放流した。

あとで、放流したことを後悔した。

LINEのやり取りは続いているので、この子が東京に来たときに準即しよう。

※後日のアポの記事はこちら↓

美人モデル(22)をストリートナンパでゲット 〜半年ぶりの再会で準即〜

 

美人な美容部員

その後、2人組のハロウィンパーティーに向かうコスプレの子と出勤前のニュークラブ嬢からLINEゲットしたり、アラサーの美人をパン屋に連れ出したりしたあと、地下道を歩いていると、スタイルの良い美人を発見。

すかさず声かけ。

これから買い物に行くとのこと。

反応は良く、こちらのトークに笑ってくれる。

買い物に10分ほど付き合った後、連れ出し打診成功。

近くの居酒屋に入ることにした。

美容部員

カウンター席に横並びに座った。

たまたま見つけた居酒屋だったが、雰囲気が良く、飯も美味い。(「囲炉裏 Dining Bar ほのわ」に行きました)

自分達で魚を焼いて食べれて、いい感じで盛り上がった。

魚料理

だが、魚を焼くのに結構時間がかかり、想定以上に長居してしまった。

酒が入ったこともあってか女は徐々に心を開いてきて自分のことを話し始めた。

女のデータは以下の通り。

  • 25歳
  • 美容部員
  • 身長160cmくらい
  • 東京に数年いて1年前に札幌に帰ってきた
  • キャバ嬢とモデルの経験あり
  • 酒好き
  • 元彼と復縁しようとしている

試しにエロトークをぶっ込んでみると乗っかってきた。

自分の水着の写真などをやたらと見せてきたり、「今日、下着買ったの」と買い物袋に入った派手なTバックを見せつけられた。

ちなみに、今日もTバックを履いてるとのこと。

 

(これは今夜イケるんじゃね?)と期待が高まる。

 

終電の時間を気にする様子もない。

 

「明日早いからタクシーで家に帰る」と言っていたが、(はいはい、どうせ口だけだろ。)とまったく気にしなかった。

 

腰に手を回すと、体をこちらに預けてきて密着してきた。

 

ボディタッチにも抵抗はない。

 

お会計をすると、ちゃんとワリカンで金を払ってくれた。

タダ飯目的の乞食女ではなさそうだ。

 

 

これは確実にイケる。

期待は確信に変わった。

 

 

店を出て手つなぎは成功。

 

さて、ホテルに行こうかと歩き出したそのとき、

 

 

女「じゃ、私タクシーで帰るね」

 

俺「ええっ?」

 

 

女はタクシーに乗って帰っていった。

 

30分後くらいに女から「ありがとうございました」とLINEメッセージが来た。

 

 

後編につづく↓

札幌ナンパ旅 後編 〜ナンパするなら地下でやれ!〜

 


無料メール講座

ナンパ初心者向けの7日間の無料メール講座をやっています。私のナンパ音声も無料でプレゼントしています。

本気でナンパを上達させたい方は登録してみてください。

『ナンパ初心者用プログラム7DAYS』