どうも、YASUです。

 

今回の記事も前回に引き続き奥村(旧しゃおろん)さんとの対談音声をご紹介します。

 

(前回までの記事はこちら↓)

奥村(旧しゃおろん)氏との対談音声vol.1 〜ナンパをやって良かったこと〜

奥村(旧しゃおろん)氏との対談音声vol.2 〜ナンパデビュー当時の話〜

 

(奥村さんの無料メルマガはこちら↓)

ちゃんとチョケるメルマガコミュニティー

 

前回、第2回目の対談では、2人のナンパデビュー当時について話をしました。

 

今回、第3回目の音声では「ナンパ初心者向けのアドバイス」をテーマに話をしています。

これまでの対談シリーズの中で、最もナンパ初心者の役に立つ音声になっていると思います。

 

 

以下に、この対談の内容を簡単にまとめてみました。

 

ナンパ初心者へのアドバイスを4つ説明しています。

 

①合流

ナンパを始めた人にとって、最もハードルが高いのは、声かけの壁です。

要するに、街中で可愛い子を見つけたとしても、ビビってしまって声をかけれない、ということです。

ちなみにこういう状態のことをナンパの専門用語で「地蔵」っていいます。

この地蔵状態を克服するには、他のナンパ仲間と合流することがかなり有効です。

1人では声をかけれないけど、仲間と一緒にいると声をかけれることが多いです。

合流のおかけで地蔵を克服できたナンパ師は多いです。

 

ただし、いつも合流してばっかりだと、いつまで経っても1人でナンパできなくなってしまうので、

ある程度慣れてきたら、1人のときもナンパできるようになるために、合流せずにナンパする日も作ってみた方がいいと思います。

理想的には、いつでもどこでも、1人のときでも、可愛い子がいたら声をかけれる状態になったほうが良いからです。

 

②知識のインプット

ナンパにおいては、まずは声をかけて女の子と会話する経験を積むことが超重要ですが、

知識をインプットすることも大事です。

間違った方法でいくら頑張っても、あんまりナンパは上手くならないからです。

私はナンパを始めた当初から、何冊かナンパ本を読んだり、色んな人のナンパブログを読んだり、ナンパの教材を買ったりして勉強していました。

特に、岡田尚也のTAVは私がナンパを始めたきっかけでもあるし、今でもめちゃくちゃ参考にしています。

効率的にナンパスキルを向上させるには、自己投資を惜しまず、「時間を金で買う」という感覚も持っておいた方がいいです。

これはナンパスキルに限らず、あらゆることに言えることだとは思いますが。

 

③数をこなす

いくら素晴らしい仲間と合流したり、最高の知識をインプットしたとしても、

ナンパを始めてから5人とか10人くらいに声をかけていきなり上手くいくことは稀です。

ナンパ初心者が、それなりの成果を出そうと思ったら、最低でも1ヶ月に100人とか200人くらいは声をかけないとなかなか上手くいきません。

私はこれまで、1万人以上に声をかけてきましたし、頑張っていた頃は1ヶ月1000人近くに声をかけていました。

ですので、ナンパでなかなか成果が上がらない、と悩んでいる人は、「どれだけの人数に声をかけたか」ということを考えてみた方がいいです。

多分、圧倒的に声かけの数が足りていない、という人が多いと思います。

 

④ナンパブログを書く

ナンパブログを書くことは、以下のようなメリットがあります。

  • 自身のナンパ体験を整理して記事にすることで、そのときの「だめだったこと」「良かったこと」を反省できて、改善への助けになることがある
  • 記事のなかで、自分のナンパの目標を宣言しておいて、見返すことで常にその目標を意識してモチベーションを保つことができる
  • ブログ読者からのコメントやメッセージによって励まされる
  • ブログ読者や他のナンパブロガーと出会ったりできて、ナンパ仲間を作りやすい

 

この対談では以上のようなことを話しました。

 

この音声に対する感想やご意見、2人に質問したいこと、お悩みの相談、話してほしいテーマなどあれば、

私(yasu@pkup.tokyo)か奥村さん(shotaokumura.kinshu@gmail.com)までご連絡ください。

我々もそういったご連絡を頂けると非常にありがたいので、よろしくお願いいたします。

 

第4回目の対談音声はこちら↓

奥村(旧しゃおろん)氏との対談音声vol.4 〜2人の今後の展望〜

 


無料メール講座

ナンパ初心者向けの7日間の無料メール講座をやっています。私のナンパ音声も無料でプレゼントしています。

本気でナンパを上達させたい方は登録してみてください。

『ナンパ初心者用プログラム7DAYS』