前回の記事※に引き続き、今回も私が使っている初心者向けのナンパの基本テクニックについてご紹介します。

※参考:ナンパで使える粘り方 〜3つのポイントを押さえて粘るべし〜

 

今回はストリートナンパにおける具体的な声かけ方法について解説します。

 

 

1.声をかける位置

美女への声のかけ方

一番ベーシックな方法は、

好みの子を見つけたら、

その子を後ろから追いかけて行って、

半歩前に出てから声をかける、というものです。

 

半歩前に出て、というのがポイントです。

後ろから声をかけてしまうと、女の子はびっくりしてしまうし、警戒されてしまいます。

 

半歩前に出ることによって、自分の存在を認識させて、警戒心を下げることができます。

 

そして、しっかりと女の子の目を見てから声をかけます。

アイコンタクトです。

 

これも無視されないためのポイントです。

しっかりと目が合った相手が話しかけているのに

無視するってのはなかなかできないですからね。

 

ただ、半歩前に出て、女の子の目を見ても、

こちらを見てくれない場合もありますので、

その場合はアイコンタクトなしで声をかけることになります。

 

アイコンタクトはとても重要で、しっかりと相手の目を見ることで、

自信を持った男であることを強調できます。

 

声かけのタイミング以外でも、

女の子と話すときは目を見て話すようにしましょう。

でも、ずっと目を見すぎるのは良くないです。

それはそれで気持ち悪いですからねw

 

次に、前から歩いてきた女の子に対して正面から声をかける方法です。

フロントアプローチと呼んでいます。

 

後ろから追いかけて声をかける方法よりも勇気が要りますが、

堂々とした声のかけ方なので無視される確率が減ります。

 

また、ちゃんと女の子の顔を確認してから声をかけれるので、

間違って可愛くない子に声をかけてしまうことが少ないというメリットもありますw

 

ある程度ナンパに慣れてきたら、

ぜひこのフロントアプローチができるようになりましょう。

 

 

2.女の子との距離

美女との距離感

女の子に声をかけるときは、

50センチくらいは距離を置いた方が良いです。

 

人間にはパーソナルスペースというものがあり、

このパーソナルスペースに他人がいきなり入ってくると、

人は不快に感じます。

 

初心者のナンパを見ていると、

女の子との距離が近すぎる人が多いです。

 

声をかけて平行トークしている間は適度な距離を保ちましょう。

 

 

3.3秒ルール

3秒ルール

「ターゲットの女の子を見つけたら、3秒以内に声をかける」というルールのことで、

ナンパにおいてはとても重要です。

 

なぜかと言うと、

ターゲットの女の子を見つけてから、時間が経ってしまうと

「断られたらどうしよう」といった弱気な気持ちが出てきて、

結局、声をかけれなかったり、

声をかけても弱気な態度になってしまったりして失敗しやすいからです。

 

ターゲットを見つけたら、すぐに声をかけた方が

勢いがつきやすいし、強気で堂々とした態度を取れるので成功しやすいです。

 

 

4.姿勢

姿勢

背筋を伸ばして、胸を張って声をかけましょう。

 

そうすることで堂々とした自信を持った男性であるという印象を与えることが出来ます。

 

もちろん、声かけ以外のときもこの姿勢を保ちましょう。

 

 

5.話す内容

美女との会話

街で可愛い子を見つけたものの、「どのように声をかければいいか分からない」と悩むナンパ初心者は多いです。

 

「こんにちは、今何をしてるんですか?」というシンプルな声のかけ方でも

話をしてくれる場合もありますが、

 

渋谷・新宿などの繁華街では他にも大勢のナンパ師やキャッチ、スカウトなどが女の子に声をかけているため、

普通の声のかけ方をしても無視されてしまう可能性が高いです。

 

声をかけても、会話をしてくれないと何も始まりません。

 

ですので、ナンパ初心者向けに、私もよく使用する、

ナンパで使える声かけフレーズをご紹介します。

 

まず大前提として、

女の子は基本的に自分の身の回りのものにしかほとんど興味を示しません。

 

例えば、いきなり自分(ナンパする側のこと)の話や

政治・経済の話なんかをしてもまったく興味がないのです。

 

ナンパ師がよく女の子の持ち物をいじったりして

笑わせるのは女の子が反応しやすいからです。

 

 

(1)持ち物や服を話題にする

■マスク

①「インフルエンザっすか?俺にうつるヤツ?」

 

②「もう花粉飛んでないらしいっすよ」(春以外の季節に使いましょう)

 

③「マスクの中、めちゃくちゃ笑ってますけど大丈夫っすか?」

 

■キャリーバッグ

「なんかヤバいもん運んでるんすか?運び屋的な? 俺、見張りやりますよ。」

 

■イヤホン

①「何のラジオ聴いてるんすか?競馬とか?じゃなくて競艇?」

 

②「落語でも聴いてるんすか?やばくね?」

 

■ハット

①「その中からハト出てきたりします?」

 

②「今日ってハロウィンだっけ?」

 

③「その中なんか入ってんすか?」

 

④「ハゲ、隠してるとかじゃないよね?あ、それは俺の兄貴だった。」

 

 

(2)動作や感情を話題にする

■ずっとスマホをいじってる場合

①「いっつもLINEしてるっしょ。一日の半分くらいLINEしてるじゃん」

 

②「お姉さん、歩きスマホはダメらしいっすよ」

 

■不機嫌そうな顔をしている場合

①「今日何か嫌なことあった?猫踏んじゃったとか?」

 

②「めちゃくちゃ怒ってます?俺のせいじゃないよね?」

 

■早歩きの場合

①「めちゃくちゃ足早いっすね!俺も逃げ足だけは早いんすけど勝負します?」

 

②「急いでるんすか?!俺は超暇人っすよ。」

 

(3)ネタ系の声かけ

女の子の持ち物や服装、動作や感情を話題にする以外にも、

ネタ系の声かけも反応を取りやすいです。

ネタ系の場合はストーリーを作っておくとよいです。

一通りストーリーを話したら、次の展開に持って行きます。

 

あと、ネタ系の場合は恥ずかしがりながら言うと、かなりマイナスです。

ただのキモいやつだと思われてしまうので、

自信を持って堂々とネタを放り込みましょう。

 

それと、女の子の笑いのツボは男と結構違う場合があるので、

男からしたらウケなそうに思えるネタが案外ウケたりします。

 

「めっちゃ面白いアプリがあるんだけど一緒にやんない?

 友達が2日連続で徹夜でハマってるんだよね。

 LINEっていうんけど。

 なんならカカオトークでもいいよ。」

 

②(OLっぽい子に対して)

「めちゃくちゃ出来るキャリアウーマンっぽいっすね。

 今日は何人の部下をあごで使ったんすか?」

 

「Tポイントが2000ポイント貯まったんだけど、どうすればいいと思う?

 お姉さんTSUTAYA超詳しそうじゃん」

 

④(待ち合わせ中のターゲットに対して)

「何待ってるんすか?

 出会い系っすか?

 俺は出会い系っすよ。」

 

「ごめん、待った?

 え、俺じゃない?」

 

「あいつ2時間くらい来ないらしいっすよ」

 

「今日は200人くらい来るんすか?」

 

「今日はめちゃくちゃチャラい合コンっすか?」

 

⑤(店内でナンパする場合)

「なんかオススメあります?え、店員じゃないんすか?」

 

「これオススメっすよ。まあ、知らないっすけど。」

 

「このお店よく来るんすか?週6くらいっすか?」

 

店内ナンパに関しては、こちらの記事も参考にしてみてください。

【ナンパ音声・解説つき】店内でかわいい子を見かけたらナンパしよう

 

参考までに私が実際に表参道でナンパした時の音声を載せておきます。ちなみに失敗したナンパ音声ですw

私の無料メール講座では、成功したナンパ音声を複数配信しています。

 

6.ガンシカ対応(無視された場合の対応)

美女のガンシカ

ガンシカされた場合でも、

実は女の子はナンパしてきた男の話をちゃんと聞いています。

聞こえていないフリをしているだけです。

 

そうしないと、可愛い子の場合、

繁華街では頻繁にナンパ師やキャッチ、

スカウトなどが声をかけてくるため、

いちいち相手していたらきりがないのです。

ですが、ガンシカされたからと言って

諦めていてはナンパの成功率は上がりません。

 

特に、渋谷なんかでは1言目で返事をしてくれる確率は低いので、

ある程度の粘りが必要です。

もちろん、しつこく粘りすぎるのは女の子にとって迷惑なのでNGです。

でも3〜4言くらいは粘りましょう。

 

そのうちの1つでも女の子のツボにハマって笑ってくれたり、

反応してくれたりすれば、

そこから会話を広げていきましょう。

 

逆に、3〜4言くらい粘ってガンシカが続くようであれば

潔く諦めて別の子を探しましょう。

 

(1)

「もしかして、、芸能人なんすか?!

 芸能人だから無視するんすね!」

 

(2)

「やっぱ芸能人って冷たいんだ?

 雑誌に書いてた通りっすよ。」

 

(3)

「もしかして今、マナーモードっすか?

 じゃなくて機内モード!?それは関係ねーか?」

 

(4)

「今、必死に笑いこらえてるっしょ?

 お姉さん、にらめっこ強そうだね。

 でも俺も負けてないっすよ。

 実は俺、にらめっこ大会で全国3位だったんすよ。」

 

(5)

「一つだけ質問していいっすか?

 それ聞いたら立ち去るんで。

 かなり緊急な質問なんすけど。

 猫派?犬派?どっち?

 俺は犬派なんすけど。」

 

(6)

「一瞬だけいいっすか?!

 え、一瞬もダメなんすか?!

 ケチっすね!」

 

(7)

「これが既読スルーってやつですか?

 違います?

 じゃ未読スルーっすか?

 どっちですか?」

 

(8)

「どうでもいいけど、お姉さん、あの人に似てるって言われない?

 誰だったかな?

 忘れちゃったよ」

 

(9)

「いやいやいや、会ったことあるじゃん!

 もう忘れたの?!

 あんときの!

 あ、全然違ったわw」

 

(10)

「今からすげー面白いこと言うんで聞いてもらっていいっすか?

 いいですか?

 マジで面白いっすよ

 ホントにいいんすか?

 大丈夫っすか?心の準備できてます?

 その前に用事済ませてからでいいっすか?」

 

 

他の人がしていないような面白い声の掛け方をすれば無視されることは少ないです。

ここで紹介した声のかけ方以外でも自分の思いついた

オリジナルの声のかけ方を考えてみましょう。

 

ポイントとしては、以下の通りです

・ユニークでユーモラスに

・一瞬混乱させる

・最初から下ネタはNG(キモい奴だと思われます)

・自信を持った強気な態度で話しかける

・最初からフレンドリーに

 

ここで紹介したフレーズ以外でも、上記のポイントを踏まえて、

自分の考えたフレーズをどんどん使っていきましょう。

 

 

以上、声かけ方法について解説しました。

 

※この記事の内容は無料メール講座の内容の一部を抜粋したものです。

 


無料メール講座

ナンパ初心者向けの7日間の無料メール講座をやっています。私のナンパ音声も無料でプレゼントしています。

本気でナンパを上達させたい方は登録してみてください。

『ナンパ初心者用プログラム7DAYS』