タイ旅ナンパにおける1週間を振り返ってみた。

 

過去記事:

タイに旅ナンパしてきます! ~バンコクで美女ゲット~

タイ旅ナンパ1日目〜2日目 〜スタイル抜群の美女を即〜

タイ旅ナンパ3日目 〜スタイルの良いタイ人とのアポ〜

タイ旅ナンパ4日目 〜クラブでナンパしたかわいいタイ人を準即〜

タイ旅ナンパ5日目 〜タイ人美女の巨乳をぺろりんちょ〜

タイ旅ナンパ6日目 〜クラブナンパでチ○コこすりつけたら即れた〜

タイ旅ナンパ7日目(最終日) 〜エリートな美人OLにタクシー内で手マ○したら即れた〜

 

タイ人美女

 

 

1.定量値

目標

  • 200声かけ
  • 5即

 

結果

  • 41声かけ
  • 4ゲット(3即 + 1準即)

 

1週間の滞在で、そこそこの数はゲットできたが目標には少し及ばなかった。

声かけ数については、想定以上にアポが入ったことと、暑さのためほとんどストリートナンパできなかったことにより目標を下回った。

 

結果詳細

※画像が小さいのでクリックして拡大してください

タイ旅ナンパ詳細データ

クラブナンパからのゲットが多かった。

 

2.バンコクのナンパスポット

シチュエーション別のオススメのナンパスポットを紹介する。

  • ストリートナンパ・・・Asok駅、Nana駅、Phrom Phong駅周辺

→人通りが多く、オシャレなエリアなのでオススメ。

  • 店内ナンパ・・・Terminal21、Siam Center

→どちらも巨大なショッピングモールなので人が多い。

  • クラブナンパ・・・Route66、Scrach Dog、Onyx

→Route66、Onyxは週末に行くべき。Scrach Dogは仕事終わりの風俗嬢も多い。各クラブの詳細については後述する。

 

ストリートナンパ、店内ナンパはあまりやらなかったが、反応は良く、ガンシカはまずない。

 

3.バンコクのクラブ情報

バンコクのクラブは日本と違って女性比率が高い。

女性が半分くらいか、それ以上の場合もある。

これはナンパしにきた男性にとってはありがたい。

しかし、クラブには男女のグループで来ている客も多いので注意が必要だ。

料金は、大抵のクラブは入場料が500バーツ(約1,500円)ほどで、300バーツ分のドリンクチケットが付いてくる。

 

以下に、ナンパしやすいオススメのバンコクのクラブを紹介する。

 

Route66(ルート66)

ROUTE66

バンコクで最も人気のクラブの一つ。

3つのフロアに分かれていて、大規模なクラブ。

かわいい子も多く、ナンパしやすい。

閉店は2時頃でピークは12時〜1時。

週末以外はあまり人がいないのでナンパしづらい。

私はこのクラブでスタイル抜群の美女をゲットすることができた。

住所:29/33 – 48 Royal City Avenue Building, Soi Soonvijai, Rama 9 Rd., Bangkapi, Huay Kwang, Bangkok 10310

ウェブサイト:ROUTE66

 

Onyx(オニクス)

ONYX

中規模なクラブだが、かわいい子は多い。

閉店は2時頃でピークは12時〜1時。

週末以外はほとんど人がいないのでナンパしづらい。

住所:Onyx, Royal City Avenue Soi Soonvijai, Rama 9 Road. Bangkapi, Huay Kwang, Bangkok 10130

ウェブサイト:Onyx

 

Scratch Dog(スクラッチドッグ)

ScratchDog

1フロアしかないが、かなり広い。

クラブ内は暗めなので女の子の顔が確認しづらい。

ここはタイのクラブでは珍しく朝5時頃まで営業している。

客を探しにきている風俗嬢が多いことでも有名だが、一般人の女の子もたくさんいる。

平日でもナンパしやすい。

トイレのおしぼりを使うと100バーツを請求されるので注意。

私はこのクラブで2人ゲットすることができた。

住所:8-10 Sukhumvit Road Soi 20 in the windsor hotel

(Windsorというホテルの地下にあります。)

ウェブサイト:Scratch Dog

 

ちなみに、Route66とOnyxはRCA(Royal City Avenue)という、クラブが密集している有名なエリアにある。

 

4.バンコクお役立ち情報

オススメのホテルエリア

私はPhrom Phong駅から徒歩15分のホテルに滞在していたが、移動がめんどくさかった。

繁華街のあるAsok駅、Nana駅の近くのホテルのほうが便利。

後で調べたら、上記エリアに安くて良いホテルがいくつかあった。

お金に余裕があるなら屋上にスカイバーのあるマリオット・ホテルやセンタラ・グランド・ホテルなどもオススメだ。

スカイバーで夜景を見ながら和んだあと、そのまま階下のホテル客室へ、という超確実なルーティーンを使用できる。

 

タイのコンセント

変圧器は不要。タイの電圧は240Vで、3つ穴のコンセントだが、大抵の携帯は240Vに対応しているし、3つ穴のコンセントにそのまま差し込める。

 

物価

価格の差が激しい。ちゃんとしたカフェに入るとコーヒーが100バーツ(約360円)くらいするが、コンビニで缶ジュースを買えば10バーツで済む。

マクドナルドやスターバックスなどのチェーン店は日本の値段とほぼ変わらない。

屋台は安い。10バーツで焼き鳥、どんぶりに入った食べ物が40バーツくらいで食べれる。

 

タクシー

バンコクでは電車・地下鉄の路線が少ないので、移動にはタクシーを多く使用することになる。

タクシーを使用するならGrab Taxiというアプリが便利。

バンコクではタクシーをなかなか拾えなかったり、ドライバーが目的地を知らなかったり、高額の運賃をふっかけてくるのが当たり前。

このアプリを使えば事前に目的地までの運賃を確定でき、近くにいる登録済みのタクシーを呼んでくれる。

さらに、クーポンコードを使えば50バーツ割引になる。

流しのタクシーを拾う場合は、助手席の窓からメーターを指差しながら、「メーターを使ってくれ!」と強めに言わないとメーターを使ってくれず、料金をぼったくってくるので注意。どうしてもメーターを使わないようなドライバーの場合、別のタクシーをつかまえたほうが良い。

ただ、ぼったくられたとしても日本のタクシーよりも全然安い。

特に深夜になるとメーターを使ってくれないタクシーが多い。

 

ゴーゴーバー

ゴーゴーバーで気に入った子がいたら、店で指名してからホテルに行くよりも連絡先をゲットして店外で会ってからホテルに行ったほうがお得。料金も値切れる。どこまで値切れるかは腕次第。

ゴーゴーバーはソイカウボーイとナナプラザというエリアに密集している。

個人的にはナナプラザのレインボー4(Rainbow4)という店がオススメだ。

この店にはモデル級の美女がたくさんいる。

 

5.所感

タイは親日国であり、やはり日本人というだけでモテるのは間違いない。

言葉さえ通じれば日本でナンパするよりも簡単。

ガンシカはないし、連絡先ゲットした子は必ず返信があった。(死番になることはない)

だが、仲良くなるのは簡単だが、ゲットに至るまでは色んなグダが発生する。

風俗嬢以外の一般のタイ人は日本人よりも貞操観念が強いのかも。

 

ストリートナンパ・店内ナンパではターゲットを探すのに苦労するし、クラブナンパは夜しかできないので、ネトナンが便利かもしれない。

ネトナンからアポるのは結構簡単だった。レベルの高い子でも簡単にアポれる。

 

英語は喋れたほうが良い。英語を流暢に喋れる子は少ないが、日本語を喋れる子はほとんどいない。

多少の学歴のある子は大体英語を喋れる。

 

6.最後に

タイでの1週間は楽しすぎた。ナンパをしなくても楽しい。この世の楽園のような国。

物価も安いので、将来長期滞在したい国の一つだ。

 

※2016年2月に2度目のタイ遠征に行ってきました。その内容は以下の記事にまとめています。ナンパスポット情報など、より詳細に記載しています。

タイ旅ナンパ②まとめ 〜バンコクは美女があふれる地上の楽園?!〜

 


【期間限定 無料】ナンパ音声・解説

受講者2400人突破!

『ナンパ初心者用プログラム7DAYS』

ナンパ初心者向けの7日間の無料メール講座をやっています。

私のナンパ音声や解説も現在無料でプレゼントしています。

【ナンパ音声の内容】

  • 美脚の美人女子大生とのデート
  • 歌手志望の美女をおしゃれカフェに連れ出し
  • スタイル抜群の美人モデルと出会って1分でカフェ連れ出し
  • 超美人な美容部員を笑わせまくる
  • 商社勤務の美人OLをスタバに連れ出し
  • ミニスカの美人女子大生をカフェに連れ出し
  • 表参道のOLからLINEゲット

など

文章では伝えることができないリアルなナンパ音声女性心理を巧みに利用したテクニック、恋愛初心者が好みの美女とイヤらしい行為をするために必要な知識を手に入れることができます。

本気でナンパを上達させたい方はもちろん、実際のナンパ音声を聴いてみたいという方はこちらをご覧ください。

>>リアルなナンパ音声を無料で入手する

 

メルマガ登録(ナンパ音声)