2回目のタイ旅ナンパの振り返りとタイ(バンコク)のナンパ情報についてまとめました。

 

過去記事(参考):

 

1.ナンパ結果

約2週間のナンパ成果をまとめたいと思います。

  • 65声かけ
  • 4連れ出し
  • 39連絡先ゲット
  • 6ゲット(ネトナン含む)

ナンパをしない日も数日ありましたが、ネトナンを含めて6人ゲットすることができました。

 

ゲットした6人のシチュエーション別の内訳は以下の通り。

  • ストリートナンパ・・・1人
  • クラブナンパ・・・3人
  • ネトナン・・・2人 (1人は前回の遠征で出会った子)

 

ストリートナンパはあまりやらなかったのでゲット数は1でした。

バンコクは車社会ということもあって、ストリートを美女があまり歩いていないです。

ただ、ストリートナンパをしているナンパ師は皆無なので、声かけしたときの反応はかなり良いです。

ストリートではトータル5人くらいしか声かけしませんでしたが、全員から連絡先ゲットまたは連れ出しできました。

ストリートよりも、デパートやカフェなどの店内のほうが可愛い子も多くておすすめだと思います。

反応もストリートと同様にかなり良いです。

 

タイへのナンパ遠征はクラブナンパがメインになりました。

ゲットした6人のうち、3人はクラブナンパした子です。

(ホテルに持ち帰ったものの、ヤル気がおきず、結局ゲットしなかった子も1人います)

ストリートと違って、クラブでは美女を簡単に見つけられます。

がっつりナンパをしたいなら、ストリートよりもクラブの方が効率的だと思います。

 

2.バンコクのナンパスポット

最初に、バンコクの電車の路線図を載せておきます。

バンコクに滞在する際はこの路線図があると何かと便利です。

路線図 copy

 

以下にストリート・店内ナンパ、クラブナンパにおけるお勧めスポットについてまとめます。

 

ストリートナンパ・店内ナンパ

ストリートナンパや店内ナンパは、何かの用事のついでに可愛い子がいたら自然に声をかけるというスタイルで十分だと思います。

ストリートや店内をずっと歩いていても、簡単には可愛い子が見つからないので、ナンパのために長時間出歩いても効率が悪いです。

 

アソーク・ナナ

アソーク

アソーク駅周辺やTerminal21の中などはターゲットがたまにいます。

Terminal21内のスタバも結構良いです。ここで何人か可愛い子をナンパしました。

ナナプラザ近くにあるフーターズも可愛い店員が多かったです。店員に気軽に話しやすく、ナンパしやすいです。

フーターズでは1人にブーメランして後日アポることができました。(1時間ほど食事したあとホテルに連れ込もうとしたらグダられたので放流しましたw)

 

プロンポン

プロンポン

高級デパートがいくつかあり、綺麗な街です。

日本人も多いです。

ここではあまりナンパしませんでしたが、金持ちの旦那を持つ人妻とかが多そうです。

 

サイアム

 

サイアム

大型デパートや路面店が密集しており、バンコクの流行の最先端のエリアです。

大学生など、若者が多いです。

ここで女子大生をナンパしたりしました。

 

サイアムでナンパした美人女子大生

サイアムの様子

サイアム(夜)

 

カオサンロード

カオサンロード

白人の観光客が多いです。

夜はかなり盛り上がり、爆音で音楽が流れるバーからはみ出して道で踊っている人も多いです。

お祭り騒ぎが好きな人には特にオススメします。

ナンパもノリが良ければ成功しやすいと思います。

 

クラブナンパ

ストリートと違って、クラブでは美女を簡単に見つけることができます。

普段、この子達はどこにいるんだろう、と不思議になるくらいです。

美女をナンパするにはクラブの方が効率的かもしれません。

タイのクラブの特徴は以下の通りです。

  1. ダンスフロアが狭く、テーブル席が多い(白人の多いクラブはダンスフロアが広い)
  2. 日本のクラブより女性比率が高い(3割〜5割程度)
  3. グループで来ている客が多い
  4. 一般客に紛れて売春婦やニューハーフがいる
  5. 定休日がないクラブが多い

4と5以外については台湾のクラブに行ったときと同じ印象を持ちました。

 

① Route66

バンコクで一番有名なクラブです。

RCAというクラブが密集するエリアにあります。

かなりの大箱です。

3フロア構成で、さらに屋外の席もあります。

平日でもまあまあ人はいます。

私はここで40バンゲくらいして4人ゲットすることができました。

バンコクでどのクラブに行くか迷ったらとりあえずここに行っておけば間違いないです。

ただし、このクラブにも売春婦がたまにいるので注意が必要です。

Route66

■営業時間

20:00~2:00

※週末は4時頃まで営業している場合もあります。

22時頃から人が入ってきます。

■料金

300バーツ(200バーツ分のドリンクチケット付き)

 

② Onyx

Route66の隣にあります。

Route66よりも少し高級感があり、可愛い子率は高いと思います。

しかし、このクラブも売春婦が多少いるので注意が必要です。

Onyx

 

■営業時間

21:00~2:00

※週末は4時頃まで営業している場合もあります。

■料金

400バーツ(ドリンクチケット付き)

 

③ Nanglen(ナンレン)

エカマイ地区にあり、観光客ではなく地元のタイ人が多いです。

ここはバンコクで一番美女率が高いクラブだと思います。

屋外スペースでの声かけがおすすめです。

グループで来ている子ばかりなので、連れ出しは難しいかもしれません。

連絡先をゲットして後日アポ、というパターンが良いと思います。

このクラブは売春婦はほとんどいないと思います。

メインフロアではバンドが生演奏しているのでダンスミュージックを期待している人にとっては物足りないと思います。

ダンスフロアはありません。

Nanglen

 

■営業時間

18:00~2:00

■料金

入場料無料

 

④ Funkey Villa

トンロー・エカマイ地区にあり、地元のタイ人が多いです。

可愛い子はまあまあいます。

Funkey Villa

 

■営業時間

20:00~2:00

 

■料金

平日は入場無料、週末は 500 バーツ (同額のドリンクチケット付き)

 

⑤ Demo

Funkey Villaに隣接しています。

客層、クラブの雰囲気ともにFunky Villaと似ています。

Demo

 

■営業時間

19:00 – 02:00

■料金

平日は入場無料、週末は 500 バーツ (同額のドリンクチケット付き)

 

⑥ Muse

バンコクのMuseです。

トンロー・エカマイ地区にあり、Funky VillaやDemoのすぐ近くです。

雰囲気がおしゃれで、ナンパだけでなくアポにも使えそうです。

Muse

 

■営業時間

18:00 ~ 2:00

 

⑦ Mixx

インターコンチネンタル・ホテルの地下にあります。

白人の男が多いです。

美女はいますが、売春婦が多いので注意が必要です。

ドリンクは高いです。

Mixx

 

■営業時間

21:00 ~ 5:00頃

■料金

500バーツくらいだったと思います。(1ドリンクつき)

 

⑧ Levels

スクンビット・ソイ11にあります。

Mixxと同じく、白人の男が多めで売春婦が多いです。

ドリンクは高めです。

テラス席があり、クラブの雰囲気はオシャレです。

 

Levels

 

■営業時間

21:00 ~ 3:00

■料金

入場料無料

 

⑨ insanity

スクンビット地区にあるクラブです。

ドリンクをねだってくるダンサーが多いので注意が必要です。

ナンパにはあまり向いていないと思います。

 

insanity

 

■営業時間

21:00 ~ 5:00

■料金

300バーツ(1ドリンクつき)

 

⑩ The Club

カオサンロードのど真ん中にあるクラブです。

白人が多めです。

ナンパはしやすいですが、売春婦もいます。

あまり可愛い子を見かけませんでした。

 

The Club

 

■営業時間

21:00~1:00

■料金

150バーツ(1ドリンクつき)

 

⑪ GULLIVER

カオサンロードの入り口(警察署側)にあります。

タイ人が多めです。

私が行ったときはほとんど客がいませんでした。

入場料無料なので、Wi-Fiを使うためだけに行きました。

ナンパするなら遅い時間に行った方が良いと思います。

 

 

⑫ クーデター

私はまだ行ったことがないのですが、バンコクの人気クラブの一つです。

テラス席から夜景が見えて雰囲気が良さそうです。

クーデター

 

■営業時間

水曜〜日曜 21:00~2:00

 

⑬スクラッチドッグ

仕事終わりの風俗嬢が客を探している場合もありますが、一般の客もいます。

1フロアですが広めです。

クラブ内は暗めなので女の子の顔が確認しづらいです。

ここはタイのクラブでは珍しく朝6時頃まで営業しています。

ウィンドサーホテルの地下にあります。

住所:8-10 Sukhumvit Road Soi 20 in the windsor hotel

スクラッチドッグ

 

■営業時間

月曜〜日曜 0:00~6:00

 

3.ネトナン

タイではtinderを使いました。

Tinder

日本人というだけでとても反応が良いのでアポりやすいです。

可愛い子も多いですが売春婦もいます。

プロフィール写真があからさまにエロかったり、すぐ会おうとしてきたりしたら大抵売春婦です。

あと、レディーボーイ(ニューハーフ)も結構います。

プロフィールにレディーボーイと書いている場合もありますが、書いていない子も結構います。

写真が派手でエロかったり、最初から食いつきが良すぎたりしたらレディーボーイかどうか疑ってかかりましょう。

普通に「Are you ladyboy?」と聞いても良いと思います。

私は上記のように直接聞いてました。聞いてみてレディーボーイじゃなかったら、「タイにはめちゃくちゃキレイなレディーボーイが沢山いるから一応聞いただけだよ」と後でフォローしておけば気まずくなることはありません。

また、「ワンナイト目的はお断り」という風にプロフィールに書いている子は逆に狙い目です。

 

4.タイの女性

タイは日本とは比べものにならないほど格差社会です。

タイ人は平均的には貧しいですが、金持ちのタイ人も多数います。

そして、金持ちのタイ人の多くは中国にルーツを持つ中国系タイ人です。

中国系タイ人は日本人が想像する一般的なタイ人のイメージと異なり、色白で彫りが浅く、日本人とそう変わらない外見をしています。

タイで出会った美女の多くは中国系タイ人でした。

 

タイでは女性の美にかなり価値が置かれており、美女コンテストも多く行われています。

タイ人の女性は美しくなるための努力を惜しみません。

 

中国系タイ人は色白で日本人に近い外見をしており、美にお金をかける経済的余裕もあることから中国系タイ人の美女率が高くなっているのではと思いました。

 

タイ人の人種・肌色については以下のサイトが参考になります。↓

「褐色」からの逃走?タイの美人観について

 

タイ人の性格は人懐っこく、南国にありがちな陽気さを持っています。

彼らは初対面の人でもフレンドリーに接してくれます。

ですので、ナンパして知り合っても割と早く仲良くなることができます。

しかし、タイ人女性は日本人よりも嫉妬深く、まだお茶しかしていないような子でも頻繁にLINEを送ってきて、「今何してるの?」とか「他の女の子と会ってるの?」などと平気で聞いてきます。

日本人を相手にするときよりもLINEの連絡は密に取った方が仲良くなれます。

LINEの返信を放置すると切られてしまったりします。

 

それと、タイ人女性を語るにあたって外せないのが、「ぱっつん女子大生」です。

タイのぱっつん女子大生

ちなみに「ぱっつん女子大生」とは、エロい制服を着たタイの女子大生のことです。

タイの大学には制服があります。

そして、タイの女子大生の制服は、白いぴちぴちのブラウスに黒のタイトなミニスカートで、世界一セクシーな制服であると有名です。

(参考:セクシーすぎると話題!タイの女子大生制服事情

実際、バンコクの街中でぱっつん女子大生を見かけましたが、かなりエロい格好をしていました。

大学のキャンパス内でナンパするのもありだと思います。

 

あと、タイ人は美脚でスタイルの良い子が多く、(暑いため)露出度の高い服装をしているおかげもあって、個人的にはナンパのモチベーションを常に保つことができました。

 

5.その他

ナンパ以外に関して、タイに旅行する際に役に立つ情報をまとめました。

タクシー・トゥクトゥクなど

以前と比べてぼったくりのタクシーは減ったようですが、メーターを使わずに高めの料金をふっかけてくるドライバーもたまにいます。

バンコクのタクシー

タクシーに乗るときはドライバーにメーターを使うように言いましょう。

バンコクのタクシーは初乗りが35バーツ(約110円)です。

多少ぼったくられても日本のタクシーよりは十分安いです。

 

トゥクトゥクは普通のタクシーよりも値段が高く、観光客向けの乗り物です。

トゥクトゥク

観光の記念に乗る程度なら良いですが、普通のタクシーに乗った方が良いです。

 

バイクタクシーについては、一度だけ夜に乗りましたが、街を駆け抜けるときの疾走感が気持ちよかったです。

バイクタクシー

慢性的な渋滞が問題となっているバンコクでは乗用車よりもバイクの方が早く目的地に着くこともあります。

しかし、客用のヘルメットを用意していないことがほとんどなので危険でオススメできません。

夜間はドライバーもほとんどヘルメットを被っていません。

 

物価

日本にもあるようなチェーン店(マクドナルドやスタバなど)の値段は日本と変わりません。

ちゃんとしたレストランやバーの値段は日本と変わらないくらいです。

屋台とかコンビニで買ったりすれば日本よりかなり安いです。

ちなみに1バーツは約3.15円です。(2016年3月時点)

 

ホテル

1泊5000円くらい払えば4つ星ホテルに泊まれます。

安く済ませようとすれば1泊1000円とかのホテルも全然あります。

特にカオサンロード周辺は安宿が多くあります。

 

バンコクのホテルには、女の子を連れ込む際にジョイナーフィー(連れ込み料)と呼ばれる料金が別途かかる場合があるので注意が必要です。

↓バンコクのホテルを選ぶ際はこちらのサイトも参考にしてみてください。

バンコクJF無料ホテル情報サイト

 

私はAmora NeoLuxe Suiteというホテルに泊まりました。

このホテルはアソーク駅とプロンポン駅の中間くらいにあり、立地は良いです。

1泊5000円の4つ星ホテルで、ジョイナーフィー無しなのでオススメです。

ホテルの予約にはエクスペディアが安くてオススメです↓

旅行予約のエクスペディア

 

WiFiルーター

SIMフリーのスマホを持っていない方にとって、

海外でのナンパにはWiFiルーターが必須です。(ナンパしなくても必須ですが。)

海外で日本のスマホをそのまま使うと高額の通信料金が請求されてしまうことがあります。

SIMフリーのスマホを持っていなければWifiルーターをレンタルしておきましょう。

私は大体いつもグローバルWifFIを使っています。↓

海外パケット定額
グローバルWiFi

 

ルーフトップバー

バンコクに旅行したら是非ともオススメしたいのがルーフトップバーです。

2回の遠征で以下の6つのルーフトップバーをアポで使いましたが、女の子をホテルに持ち帰れなかったことはありません。

値段は普通のバーに比べたら高めですが、食べ物を注文しなければ5,000円くらいで済ませられます。

ドリンクは1杯500円〜1000円くらいです。

酒好きな女と行く場合は、一番安いワインのボトルを頼んだりしました。

 

① Octave

OCTAVE

45階〜49階までありますが、49階にある横並びの席がお勧めです。

Octave

■営業時間

17:00〜2:00

 

② Red Sky

Red Sky

テラス席に横並びのソファー席があります。

55階にあるバーです。

Red Sky

■営業時間

17:00〜1:30

 

③ Three Sixty

Three Sixty

アソーク・ナナ地区からは少し離れた場所にあります。

32階にあるバーです。

屋内の席もありますが、テラスのカップルシートがおすすめです。

Three Sixty

■営業時間

17:00〜1:00

 

④ Above Eleven

Above Eleven

ナナ駅から割と近い場所にあります。

33階です。

Above Eleven

地図

■営業時間

18:00〜2:00

 

⑤ Sky Bar(Sirocco)

Sky Bar

バンコクで一番高いところにあるバーです。(地上63階)

座れる席がなく、スタンディングになります。

週末は混むので平日に行ったほうが良いかもしれません。

レストランで食べ物を注文すれば席に座れますが、値段が高いのであまりおすすめしません。

Sky Bar

■営業時間

18:00〜1:00

 

⑥ Long Table

Long Table

ここは25階でバンコクのルーフトップバーの中では低い方ですが、テラス席からは十分に夜景が楽しめます。

アソーク駅から近い場所にあります。

Long Table

■営業時間

11:00〜2:00

 

風俗

タイは風俗大国です。

バンコクにはいたるところに風俗店があります。

値段も安いし、美女もたくさんいます。

タイの風俗情報については詳しく知りたい方はGダイアリーという雑誌をオススメします。

この雑誌には、ネット上にはあまり載っていないようなローカルな店情報が地図付きで載っているので分かりやすいです。

バンコク市内の書店やコンビニなどに売っています。

Gダイアリー

 

バンコクの定番の風俗についてそれぞれ説明します。

ゴーゴーバー

バンコクの風俗と言えばゴーゴーバーです。

女の子を持ち帰らずに、踊っているエロい女の子を眺めながら酒を飲むだけでも楽しめます。

ナナプラザ(ナナ駅の近く)とソイカウボーイ(アソーク駅の近く)というエリアにゴーゴーバーが密集しています。

 

ナナプラザ

レインボー4とレインボー2がモデル体型の美女が多いのでおすすめです。

 

ソイカウボーイ

バカラというゴーゴーバーが日本人の間で一番有名です。

ミニスカートにノーパンの女の子が1階〜3階までのフロアで踊っています。

2階と3階の床はガラス張りになっていて、下のフロアからは女の子の大事な部分が丸見えになっています笑

 

MP(マッサージパーラー)

私はまだマッサージパーラーに行ったことがないのですが、ゴーゴーバーに次いで人気の風俗です。

いわゆるソープです。

ひな壇にいる女の子から指名します。

マッサージーパーラー

 

テーメーカフェ

テーメーカフェ

ナナ駅とアソーク駅の中間くらいのスクンビット通り沿いにあります。

出会いカフェとも呼ばれており、カフェにいる女の子と交渉成立すればホテルに持ち帰ることができます。

相場は2500バーツですが、値段交渉できます。

テーメーカフェ

 

連れ出しカラオケ(キャバクラ)

タニヤというエリアに多くの日本人向けの連れ出しカラオケ店あります。

日本で言うキャバクラのような店ですが、お金を払えばホテルに持ち帰ることができます。

連れ出しカラオケ(キャバクラ)

↓タニヤの様子

 

普通のマッサージ店

一見、普通のマッサージ店のように見える店でも手コキや本番のサービスがある場合があります。

私はプラス500バーツでまあまあ可愛い子から手コキのサービスを受けたことがあります。

本番なら1000バーツと言われました。

交渉次第ですがマッサージパーラーより安い店が多いと思います。

 

立ちんぼ

スクンビット通りなどの繁華街に立ちんぼ(売春婦)がいます。

私は立ちんぼを相手にしたことがないので相場やサービスの質は分かりません。

 

レディーボーイ(ニューハーフ)

バンコクには多くのレディーボーイと呼ばれるニューハーフがいます。

彼女ら(彼ら)はとてもキレイな子が多く、慣れないうちは女性とまったく見分けがつかない場合もあります。

レディーボーイかどうか見分けるには以下をチェックするとよいと思います。

  • のど仏が出ている
  • 声が低い
  • 肩幅がある
  • やたら食いつきが良い

 

治安

バンコクはスリが多いので注意が必要です。

郊外の方が危険な地区が多いようです。

ただ、バンコク中心部でストリートナンパやクラブナンパをしていて危険な目にあったことはないので、気をつけていれば大丈夫だと思います。

 

気候

年間を通じて平均最高気温は30℃を超えており、冬でも暑いです。

ホテルのエアコンが強すぎる場合があるので、寝るときはエアコンを弱めにしておかないと風邪を引きます。

私が行ったときはたまたま記録的な寒波が来ていましたが、気温は20℃くらいでした。

 

バンコクへの行き方

成田からだとエアアジアで往復4万円くらいで行けます。

エアアジアの場合、ドンムアン空港という古い空港に着きます。

ドンムアン空港からバンコク中心部まではタクシーで500バーツくらいで行けます。

スワナンプール空港からはバンコク中心部まではエアポートリンクという高速鉄道が走っています。

 

6.最後に

タイは海外遠征では唯一、ストリートナンパ・クラブナンパ・ネトナンの全てのシチュエーションでゲットできた国です。

タイは親日で女の子の反応も良く、日本人というだけでモテることも多いのでナンパも比較的簡単だと思います。

物価も安く、飯も美味しいのでナンパ抜きにしても十分楽しめる国です。(ブログには書けないようなことも色々経験しました笑)

またしばらくしたら3回目の遠征に行ってこようと思います。

 


無料メール講座

ナンパ初心者向けの7日間の無料メール講座をやっています。私のナンパ音声も無料でプレゼントしています。

本気でナンパを上達させたい方は登録してみてください。

『ナンパ初心者用プログラム7DAYS』